愛知県立江南高等学校「藤波会」会則
第 1 章  総   則

(名  称)
第1条  本会は、愛知県立江南高等学校「藤波会」と称す。
     (以下「本会」と称す。)

(目  的)
第2条  本会は、会員相互の親睦と扶助を図り、併せて母校の発展に寄与することを目的とする。

(本  部)
第3条  本会の事務局を、愛知県立江南高等学校内におく。

第 2 章  組   織

(会  員)
第4条  本会の会員は次の2種類とする。
   (1)正会員 愛知県立江南高等学校卒業生
   (2)特別会員 愛知県立江南高等学校現職員及び旧職員

第5条  正会員は下記の義務を負う。
   (1)住所、氏名、職業等に変更の生じたときは本会に連絡する。

(役  員)
第6条  本会には次の役員を置く。
   (1)会  長  1 名  正会員
   (2)副 会 長  若干名  正会員
   (3)書  記  2 名  正会員
   (4)会  計  3 名  正会員及び特別会員
   (5)顧  問  1 名  母校の校長
   (6)会計監査  2 名  正会員
   (7)理  事  若干名  正会員及び特別会員
   (8)幹  事  若干名  正会員
   
(9)相 談 役  若干名 役員経験者

第7条  役員の任期は2年とし、再任は妨げない。

第8条  本会の役員選出は、次の方法で行い、総会の承認を受ける。
     (ただし(4)についてはその必要がない。)
   (1)会長は会長選考委員会が推薦する。尚、選考委員会は、理事会の委嘱による。
   (2)副会長、書記、会計の各1名は会長が推薦する。
      その他の副会長、書記、会計、及び会計監査の2名は幹事の中から選ぶ。
   (3)正会員理事は、幹事の中から会長が委嘱し、総会の承認を得る。(各年度2名)
   (4)幹事は、卒業年度別に正会員の中から選ぶ。(各クラス2名)
      クラス幹事の変更は、各学年幹事会の推薦で選び、会長の承認を得る。
   
(5)相談役は、必要に応じて会長が推薦する。

(役員の職務)
第9条  本会の役員の職務は次のとおりとする。
   (1)会長は、本会を代表し、会務を総括する。
   (2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時は職務を代行する。
   (3)書記は、総会、理事会の庶務を行う。
   (4)会計は、会計事務を行う。
   (5)会計監査は、会計を監査する。
   (6)理事は、本会の事業の企画、運営ならびに実施の促進をはかる。
   (7)幹事は、会員相互の連絡にあたる。
   
(8)相談役は会長の求めに応じて本会運営の助言を行う。

第10条  本会の目的を円滑に遂行する為に下記の役員会を置く。
   (1)常任理事会
    (イ)常任理事会は、会長、副会長、書記、会計により構成される。
    (ロ)常任理事会は会長により運営される。
    (ハ)会長及び常任理事会と理事会は本会を代表する活動をするが、
       その活動は次期定期総会で承認を得なければならない
    (ニ)常任理事会は会長が招集し、顧問と学校内理事は必要に応じて常任理事会に出席する。
   (2)理事会
    (イ)理事会は、会長、副会長、書記、会計及び理事により構成される。
    (ロ)理事会は会長により運営される。
    (ハ)理事会は事務局を構成する。
    (ニ)理事会は会長の招集により年1回以上開催する。
   (3)年度別幹事会
    (イ)幹事会は、幹事の中より幹事代表を選び、これにより運営される。
    (ロ)幹事会は、必要に応じ理事の招集により開催される。
    (ハ)幹事会は、会員相互の連絡にあたる。また、必要に応じ理事会に対し
       助言することができる。

第 3 章  事   業

第11条  本会は第2条の目的達成の為に下記事業を行う。
   (1)会誌及び会報の発行、ホームページの運営。
   (2)会員相互の連絡、親睦に関すること。
   (3)母校の発展に寄与する事業。
   (4)その他本会の目的達成に必要と認められたこと。

第 4 章  会   議

第12条  定期総会は毎年1回8月の第2日曜日に開催する。
     必要に応じて臨時総会を開催することができる。
     その議事は出席者の過半数で決める。尚、会長が、これを招集する。
     議長は会長が指名する。

第13条  総会は下記の審議等で行う。
   (1)事業計画
   (2)会員の親睦に関する事項
   (3)予算及び決算の承認
   (4)理事会等本会を代表する活動の承認
   (5)会則改正の承認
   (6)その他理事会が、必要と認める課題

第14条  常任理事会、理事会は会長が随時招集し、事業の企画を審議し、総会の運営は理事会が行う。

第 5 章  財   政

(会費及び会計)
第15条  本会の正会員の終身会費は入会時に納入し、その金額は、3,000円とする。

第16条  本会の運営は会費、臨時会費及び寄附金その他の収入をもってあてる。
     又会計年度は6月1日より翌年5月31日をもって終了し、会計報告は次年度総会にて行う。

第 6 章  補   足

(簿  冊)
第17条  本会は、次の帳簿を備えなければならない。
   (1)会員、役員の名簿及び住所録
   (2)金銭出納簿
   (3)総会及び役員会議事録
   (4)事業計画書

(会則の変更)
第18条  本会の会則の改正は理事会の議決を経て総会出席者の賛成を得て行うものとする。

付   則

1.  本会則は、昭和58年2月28日より施行する。
2.  平成19年8月12日に一部改正
3.  平成20年8月10日に一部改正
4.  平成23年8月7日に一部改正(赤字部分を追加)